ハチドリ写真館 2014年06月

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ハチドリのサイズ 

この枝を設置してポッチの所に留ったのを見たのはこれでたったの2回目。
このポッチ、大きさは大豆と金時豆の間くらいの大きさで、
どちらかというと大豆よりの大きさで金時豆大は全然ないです。
さー!今すぐ大豆を一粒持ってきてこの写真と見比べてください!
(笑)

immature male Anna's Hummingbird 300614

スポンサーサイト

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

無事戻ってきたー(ノ◇≦。)。 

これの前にアップした記事にてコスアンナ(紫色のハチとピンク色のハチのハイブリッド)の話を少し書いたあとパティオに行ったら、コスアンナが戻ってきたのです!具合が悪かったのですが、嬉しすぎて治りました(笑)半分ピンク色のAnna'sなんだからずっとここに居ればいいのに、3月下旬に紫色のCosta'sと一緒に渡って行ってしまうのです・・・ま、たった4ヶ月だけのお別れなんですけどね、なぜだかとてつもなく長く感じるんですよねぇ・・・全種類揃ってないと落ち着かないので^^;これで気持ちも落ち着きそうです(笑)と・・・コスアンナの写真を載せると思わせといて・・・ブラチンの写真を載せます(笑)

つきがいいマッチ棒みたいですが、一応鳥さんで、ブラチンことBlack Chinned Hummingbird(ノドグロハチドリ)です。
う~ん・・・何度観ても高級なマッチ棒に見える・・・

Black Chinned Hummingbird 270614


{追加}ブラチンくんにマッチ棒になってもらいましたが全く違和感なしの完全一致。

matchhum 300614

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

久しぶりにハチドリの春雨 

Anna'sの若君を上階から撮っておりますが、真上の私に気がついておりません。けっこう近い距離なんですけどねぇ・・・でも、シャッター音は聴こえていて「???」となっている所です。前回のアランと比べると、でっかくてかわゆいです♪

immature male Anna's Hummingbird 260614



ツルッと春雨食べてます。

immature male Allen's Hummingbird 260614



この写真、萌え死にしそうになりませんか?Allen'sの若君でした。
あ、そういえば、この枝、よく登場しているのですが、砂糖水工場長的にもここでも飽きてきたかなー・・と思い、まだコスアンナ君達がいる時期に一度撤去したんですよ。そしたらハチドリ達、大パニックの嵐で一番パニくっていたのが7月頃戻ってくる予定のコスアンナくん達でした。仕方ないので数日後に元に戻したのでした・・・この枝、落ち着くらしい・・・または、グリップの握り具合がちょうど良いのか・・・ふむぅ...

immature male Allen's Hummingbird 270614

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

久しぶりにハチドリ撮ったー 

最近、過去写真ばかりでしたが、実はオットが毎晩フクロウの森に行ってフクロウ家族を撮っておりカメラが出動中でした。やっとハチオタにも撮影チャンスが巡って来て少しだけでしたが撮りました。この時期はアランの若くん達がブイブイ(死語)言わせており、一番撮り易いのが彼らでした。

先ほどの日没に4階のパティオから撮った3階のバルコニーに居る若Aです。

immature male Allen's Hummingbird 250614-2



こっちは若B。どっちもなんて生意気そうなお顔なんでしょう(^・^)

immature male Allen's Hummingbird 250614

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

カリフォルニアジリスのこまめちゃんとかその他・・・ 

4階パティオのシリンダーフィーダーがずらーっと並んでる斜め下の方に6年前、オットが毎朝観察していた鷹に襲われなんとかギリギリ大怪我はしたものの命は落とさずにすんだ(他の兄弟は鷹の...)ジリスのこまめちゃんが住んでいます。メインにオットが世話をしていますが、その時フィーダーに背中を向けた状態で、オットが見落としている部分の掃除やこまめ様のお世話していると必ずAnna'sのメスが耳元で優しーくホバり続けるのです。少しくすぐったいような感じもしますが、わざとそれに気がついていないふりをして体は動かさずに黙々と手を動かし続けているのですがけっこう長い間ホバーリングし続けるのです。愛想を振っているのかな~?おどけてる??いたずらかな??それとも肝試し??なんだかね、そういう事をしている時のアンナのメスってとっても愉しそうでこっちも愉しいモードになるのです。この話をたまーーーにオットにするのですが、昨日またその話を振ったら初めてオットが詳細に、

オット:「うん、『ブーンっ!ブンブン!!ブーンっ!ブンブン!』とすごく大きな音が耳元でする」とジェスチャー付きで説明。

??あれ?あれれ???話だけ訊いているとその音の主はオスですよ・・・( ゚д゚)
メスはどの種類も優しい羽音(主に尾羽の音)でほとんど聴こえない時もあります。
同じ種類でもオスとメスとでは尾羽の形が違うので羽音も違い、音だけで何の種類で且性別も判るのです。ただ、オットの言う「ブンブン」だけでは種類までは判らず・・・基本、どの種類もブンブンな音ですから。多分懐っこいアンナのオスかブラチンのオスだとは推測できますが・・・(笑)オレンジ色のハチドリではない事は確かです(苦笑)
いやね、オスもそんなおどける??ことするんだーと初めて知ったのです。私にはしてこないですから・・・
以前からなーんとなく気がついてはいたのですが、オスは人間の男性が好きでメスは女性が好きなような気がしています。たまたまそのような状況が偶然長い年月続いているだけかもしれませんが、オットが姿を現すと喜ぶ男子ハチドリもいて、私が姿を現すとガッカリする男子ハチドリが多いのも事実・・・逆も然りで、私がパティオで座っていると目の前がメスだらけになります(笑)ま、おばさん大好き隊の面々ですね。
小っこい脳で色々と想い考えているのねぇ・・・
あ、そういえば、以前にメスハチドリが私には懐くけどオットにはビクついて(失禁までしたw)いるメスの動画載せています。今日は載せませんが(何度も何度も載せている動画なので...)気になる方は頑張って見つけてください(笑)

と、今日の写真はメスを載せるべきでしょうけども(笑)過去に撮って載せていなかった写真達です。

古くからの常連さんでしたらご存知の、3階バルコニーの元住ハチの黒ヒゲさんです。別名キラーで冗談抜きで「何羽殺った???」というくらい性格は鬼なハチでしたが、見た目はこのようにとてもラブリーでした。今はどうしているのでしょうねぇ・・きっと元気で我が家に通ってきてくれていると信じたいです・・・あ、4階パティオにフィーダーを設置するきかっけを作ったハチさんでもありますよ。4階は一日中直射日光が当たるので設置したくなかったのですが、彼があまりにもキラーだから・・超渋々仕方なく。結果、彼のおかげで、更にハチドリが増えしかも珍しいハチドリも沢山来るようになり今では彼をハチドリの神様とさえ思っていますが(* ̄m ̄)ププッ

Anna's Hummingbird 130614



こちらさんはオットが自然界で撮影した熱唱中のアンナの若くんです。Anna'sはハチドリで唯一唄えると言われています。

immature Anna's Hummingbird 140614



こちらさんもオットが撮ってきた写真でいつまで経っても懐かない種類のAllen's Hummingbirdです。性格は冷たいですが(笑)面白い所(可愛い所)に留まっている事が多い種類で絵になる事も多いです。

Allen's Hummingbird 050614



これもオットが撮ってきた写真で、私はホバーリング写真は太陽の力を借りてISO800~1000で撮ります。なぜならばギリギリ羽が止まって撮れる確立が高いのです。ISOをもっと上げれば確実に羽が止まって撮れますがノイズが気になるので。なのにオット、この写真はISO400で撮ってきました( ゚д゚)ハチドリの羽ばたきは一秒間に80回前後なのでISO400でほぼ止まって撮るれるのはすご技です。さすがだわ~・・・

Allen's Hummingbird 170614

Allen's Hummingbird (アランハチドリ) 

4階パティオの住ハチこと、葉っぱ君が、「おーーーい・・・お前ら飲みすぎだってー」と言っておりますが、砂糖水工場長も葉っぱ君に同意同感です...

Allen's Hummingbird 200614



初登場のアナ君です。名前の由来はお髭の真ん中に穴が開いているからです。
喧嘩した時、誰かに一枚抜かれたみたいですよ・・・(* ̄m ̄)ププッ
ちょうど、ど真ん中やられてますね(笑) 
よーく見ると数枚抜かれている可能性も・・・いつ来ても、きをつけ状態なので笑えます。
ちなみに、喧嘩をする相手はどの種類も98%同じ種類同士です。
『子孫繁栄』という言葉が頭に浮かびますし、
基本、自分以外は要らない、というのが自然界の掟なのでしょうか。
一番喧嘩っぱやい種類は意外にも愛想の良いBlack Chinned Hummingbirdです。

Allen's Hummingbird 220614



葉っぱ君の所から見下ろすと3階バルコニーの住ハチ君が居ます。もう1年以上ここで暮していますが名前がないです・・・

Allen's Hummingbird 220614-2

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ハチドリに話しかける編とちょっと様子が違う編 

毎朝ハチドリ達に「おはよ♪」と声をかけていますが、
ピンク色のアンナの場合、

lulu:「おはよ♪」
アンナ:「♪♪♪」と嬉しそう。

ブラチンの場合、

lulu:「おはよーぉ♪おはよーぅ♪おっはよー♪」
ブラチン:「♪♪♪♪♪♪♪」超嬉しそうなお顔になり、「もっと言ってーーー」モードになります。

オレンジ色のアランの場合、

lulu:「お、」
アラン:「(速攻逃げた)」

厳密には、「お」の前で逃げられます....(悲)相変らずつれないんです...彼らの種類は...

さて、話題を変え・・・

ずーーーっと何年も紹介したかった子の写真です。まずは、いつもの顔がローングロングのキリリ。

Anna's Hummingbird 180614



そして、初登場のショートくんです。何か様子がおかしいですよ・・・わかりますか?

Anna's Hummingbird 190614



お顔周りのメタリックピンクの羽が異常に短いんです。キリリとは対照的なんですが二羽ともとっても大人しくて優しい穏やかなハチさんです。若干、キリリの方が蹴られたら「やめろーーー」と言い返しますが、ショートくんは蹴られっぱなし・・・
で、本題・・・キリリとショートくんは同級生なのですが、ショート君のお顔の周りの毛が伸びるのをずーっと待っていたのですが、待てど暮せど伸びず・・・気がついたら数年が経っていたというか、数年も待ちました(笑)全く伸びてこないので今日ここにデビューさせました。ハチドリなんてどれも見た目同じだい・・と思うでしょ?でもこうやって見た目の個性?が色々とあるんですよ。

Anna's Hummingbird 190614-2



この子のもう一つの特徴が、目元です。目の周りがとっても可愛い事になっています。

Anna's Hummingbird 190614-3

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

今年初登場の若君 

今年生まれたAnna's Hummingbirdの若君です。フィーダーは3階と4階にありますが、彼は4階を牛耳っているそうです。これまた毎年必ず言っていますが、アンナはお髭が生え揃わないこれくらいの時期が一番可愛い。

immature Anna's Hummingbird 120614


これも上の若君で初撮りだったのですがビクッとしなかったです。ここの言葉で言うと、シャッター音に撃たれなかったです。さすが縄張り王くん、どっしりとして大物感いっぱいです。

immature Annas Hummingbird 120614-2



ここから下は渡りの時期の4月中旬頃撮影した写真です。

このオス君は、渡る直前で脂肪を蓄えまくり体が重たくて上手に飛ぶことさえ出来ないくらい太っています。むっちむちでしょ?触った事あるんですが、想像していたのと違ってお水がパンパンに入った水風船?のような触り心地でした。で、写真の彼は、「あっあっあっ・・それ以上近づくと飛びますよー」っと言っているお顔で、ゆっくり少しずつ近づいていたのですが止めました。と、強気発言していますが、飛べないんです・・(* ̄m ̄)ププッ 何日もずーーーっとここに留ってました(笑)お陰で撮り放題祭りで幸せしました。

Allen's Hummingbird 110604-2



この写真を撮った時は10羽くらいいたのですが、彼、自分にカメラを向けられるとは思っていなかったようで、
「!?・・・ま、まさかの僕ですかー??」となっている所です(笑)

Anna's Hummingbird 110614



最後は4階パティオの住ハチの葉っぱくんです。葉っぱ君の脚線美ならぬ、体線美??が素敵です(笑)

Allen's Hummingbird 110614
うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

ハチドリ達の近況 

この時期は毎年、幼鳥ハチドリのオス達が蔓延り、ブリーディングを終えたおじさん、おばさんハチドリ達は息を潜めています・・・砂糖水工場長のわたくしがパティオに出ると、若達が一羽ずつ交代で私の目の前でホバーリングをしガン見・・・見るもの全てに興味津々なんですねぇ。そして毎年必ず同じ事を申しますが・・・今年も一発・・・、

その若さ漲るありあまるパワーとエネルギーを少しでいいから分けてくれ~~~

あ!あと、これの前の記事のコメントにてコスアンナ(紫ハチドリとピンクハチドリのハイブリッド)は今現在何羽居るのかなどという話をしていたのですが、その日、なーんとなんと!3羽目のコスアンナが登場したのです!!勿論狂喜乱舞でしたよー♪しかもぉ!初のコスアンナのメスっす!!オットと一緒に確認しましたが、見た目はCosta'sのメスそのものでコスアンナである事は全く分からないのですが、鳴き声がコスアンナなんですねー
ただ・・・警戒心があるのか・・それとも旅鳥だったのか・・・まだ写真が撮れていません・・・ま、私も中々撮影が出来ていないのもあり・・・

ここから下は過去に撮ってまだ載せていなかった写真達です。

Anna's Hummingbird 052614



Anna's Hummingbird 270514



Anna's Hummingbird 300514



Anna's Hummingbird 310514



あくび~

Anna's Hummingbird 030614



ガラスに写っている自分に威嚇しています・・・あんたアホな子ねぇ~(´Д`;A)

Anna's Hummingbird 050614
うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。