ハチドリ写真館 2014年07月

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

清流に降り立った妖精 

タイトルはいつもコメント下さる和泉さんが以前TOP画像で載せていた写真をご覧になり仰ったのですが、ノン文才家、ノン文系の私の脳が心地よく揺さぶられ、なんて美しい言葉なんでしょうとうっとりしてしまいました。
下の写真がその妖精で、今年の4月に初めて至近距離から観る事が出来た北米最小の鳥、Calliope Hummingbirdです。観たい観たいと想ってから8年目の事でした。どれだけ感動するかと思いきや・・夢を観ている感じしかしなくて実感のないまま彼らは6月頃、カナダへと向かって行ってしまいました。いまだに観た撮ったという実感なし(笑)

Calliope Hummingbird 150614



Calliope Hummingbird 200614

4月に撮った写真を今頃・・・理由は、ダイレクトに載せて心無いカメラマンが押し寄せてしまうと結果として鳥さん達が被害を被るからです。実際ねぇ・・どこの国出身とはあえて明記しませんが(溜息)心無いカメラマンが一人来たんですよ・・・以前なんかは、やはり同じ方面のお国の方が、ハチドリに石や棒を投げてまで撮影したりね・・・生まれて初めて殺意が沸きました。一応、これは酷い・・と思ったらやんわりと注意をさせて頂くのですが、んもーんもー私達日本人では考えられないような言い訳を放つのです( ゚д゚)結果、止めてと言えば言うほど虐待は酷くなるみたいな・・・
最近はアナホリフクロウを撮り続けていたのですが、やはーりやっぱり同じお国の方がですねぇ、アナホリさんを恐怖のどん底に落としいれ結局そこの場所、立ち入り禁止になったんですよ。もう撮れないのは残念でなりませんが、アナホリさんのことを思うと、それでよかった、結果としてよかったと思っています。
どうしてだろう・・・鳥を哀しませ苦しませてまで撮影って・・・この人は鳥を愛しているのだろうか?なんの為に写真を撮っているのだろうか?
あーぁ・・・せっかく珍しいハチドリを載せたのにトーンダウンしちゃったわ(笑)でもまたいつか載せます。北米で見られる東部のハチさん以外全種類が撮れたので。
気を取り直して(笑)今日最後の写真は恍惚の表情を浮かべるカライオピさん。

Calliope Hummingbird 280714
スポンサーサイト

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

もう渡りの時期かぁ・・・ 

今年の3月、4月と我が家に初めて訪れてくれたRufous Hummingbird(フトオハチドリ)がもう南下しているんだとか。まだ7月なのにビックリ。オス3羽とメス一羽が来てくれていたのでまた帰りに寄ってくれることを願い楽しみにしている所です。
写真は最近撮ったハチドリたちで似たような構図プラス若づくし!!(笑)

アンナの若。

immature male Anna's Hummingbird 290614


アランの若。

immature male Allen's Hummingbird 290614


アランの若。

immature male Allen's Hummingbird 300614-10


アンナの若。

Hummingbird Tongue 300614


アンナの若。

immatua male Anna's Hummingbird 010714


アンナの若。

immatua male Anna's Hummingbird 0807141


アラン幼鳥のメスで今日の紅一点♪白一本♪

Hummingbird Tongue 090714


アンナの若。

immature male Anna's Hummingbird 100714-2


アランの若。

immature male Allen's Hummingbird 110714-2


アンナの若。

immature-male-Anna's-Hummingbird-1707140


アンナの若。

immature male Anna's Hummingbird 220714

ブラチンも撮っているのですが、彼ら頭小さすぎ!ピント全然合わないんだからぁ(´;ω;`)

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

8年目に現れた王子さま 

前回のコメントにて私が「王子(Costa's Hummingbird)が(ボコられるのが嫌で)家出した、でも多分戻ってくると思う」と書いたのですが昨日戻ってきました。または・・・ただ単に工場長と遭遇していなかっただけでこの辺りに居たのかもしれません。なぜならば、一昨日近所探索をしたらお花だらけなのです。我が家の砂糖水を飲もうとしただけで全員からボコられるのなら、ありあまる沢山のお花の蜜を飲んでいた方が安楽でしょう。結局・・どういう行動パターンなのか読めず・・・・今確実に判るのは彼にとって我が家はとっても危険な場所という事です....

これは家出疑惑の直前?に撮った王子です。

immature male Costa's Hummingbird 160714



ボコられる原因の一つに王子の習性があり、パティオに入ってくる時必ず、

『ぼく、コスターーー!』

と、それはそれは元気に登場してくれちゃうのです(;´Д`)
通常弱いハチさん達は静かーーーに登場されます。それはボコられ防止でもあるからです。是非、というか、一日も早くそれに気がついて末永く我が家に通って頂きたいと切に願う昨今なのですが、コスアンナ(Costa's X Anna's Hybrid)もいまだに(4年目)盛大にご入場されるので無理っかな・・・(;´Д`)
この写真もやっぱりボコボコにされ、一旦枝に非難した所・・・表情が険しいですね......おーぅ......
次回は王子をやっつける主犯格(ブラチン)の写真を出そうかな・・・(溜息)これがまた可愛い主犯格でねぇ....(複雑)

immature male Costa's Hummingbird 160714-2

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

嫁ちゃんです♪♪ 

昨日、嫁ちゃんが2ヶ月半ぶりに戻って来ました。毎年5月にどこかへ渡って行くのですが、GPS付けたいですねー・・・何処で何をしているのかとっても気になるの・・・毎年言ってますが、たった2ヶ月の渡りって面白すぎます。いくらアランで唯一のお笑い担当だとしてもね(笑)でも、今期からほんとにガクッと大人しいです・・・推定年齢7歳以上になってしまいました。長生きです。生きててくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。今、換羽期でボロボロですが、相変らず喉元のドットが大きくクッキリと濃くて美しいです。

Allen's Hummingbird 170714

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

☆祝☆Costa's Hummingbirdのオスが来ました! 

念願で夢だったコスタハチドリのオスが我が家に来るようになりました!コスタのメスやコスタとアンナのハイブリッドは来ていましたが、コスタのオスは我が家初です!
この写真、今まで撮った写真の中で一番嬉しいかも!数ヶ月前に生まれたばかりのオスなので、目的地までの渡る途中でもないし、もしどこかに渡ろうとしていたとしても、多分うちに決めてくれたと思います。しかしながら・・・他の種類のハチドリ達(若軍団)が、この王子面が気に入らないらしく(笑)むっちゃくちゃボコるのです.......それに耐えられなければここから出て行ってしまいますが、なんとか辛抱しておくれーーーと願っている所です(頼むっ!!)特に同じく数ヶ月前に生まれたブラチンのオスが強く反応し王子を攻撃しまくるのです・・(困惑)同じメタリックパーポーの羽を持つ相手は許せないのでしょうか・・・
あと2、3ヶ月したら紫色の覆面を被ってしまいますので写真の姿は今だけ!しか見れないので一応貴重ですし、この時期のオスを撮りたかったので本当に嬉しすぎます。感無量で、もう思い残すことないっすわ~(笑)

immature male Costa's Hummingbird 140714


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

白いメス達 

夕方、疲れ果てパティオに行くと、12本あるシリンダーフィーダーの殆どがカラになっており慌ててフィーダーを洗浄し砂糖水を入れパティオに持っていくのですが、この日は疲労困憊&精根尽き果て動けず....しかし、4本には砂糖水はたっぷりと入っていますし階下のバルコニーには3つの円盤型フィーダーもあります。が、全てにちゃんと入っていないと不安に思ったりイライラするハチさん達。「せめて今日くらいは勘弁しておくれ~あと数分休んだら入れ替えるから~」と思ったらブラチンのメスが来て砂糖水が入っていないフィーダーに3本連続くちばしをいれました。すると目の前に来て(距離にして5センチ)「フンフン...フンフン...フンフン..」と困惑した声を出しながら私の顔の前とカラのフィーダーを何度も往復し、

「砂糖水入ってないよ」と訴えているのです。

天才だと思いませんか??(笑)でもね・・・他の種類はちゃんと砂糖水が入っているフィーダーが判りこのような行動が見られないのです。ピンク色のアンナやオレンジ色のアランなんかは、フィーダーの前に来るとまず少ない砂糖水(古い方から)を選びわざわざそれから飲むのです。毎回見るたびに律儀だなーと思い「いいのよ~新鮮なのから飲んでもー、古いのは残ったら捨てればいいんだから~」とこっちは思っているんですけどね。
ブラチンは他の種類より脳が小さいからか??飛び方も蝶のようでシリンダーの飲み口しか見てないんです。でも、訴えることが出来るから、やっぱり頭は良いのしら??ね(笑)

この写真がその子で今期!初登場のブラチンことBlack Chinned Hummingbirdのメスです。飛んでいる時は本当に蝶のように落ち着きのない飛び方なのですが、いったん留れば鳥さんでした(笑)メスは殆ど留ることはないのですが、このホクロちゃんだけは毎回必ず長時間留まってくれる奇特なハチさんでもあります。かわいいでしょ~

female Black Chinned Hummingbird 080714


で、本題なんですが(余談長っ)上の写真のハチさんに、砂糖水が入っているシリンダーに指を付け

「砂糖水、これに入っているよ」と言ってみたら、スーーーっと来てちゃんと飲んだのです!( ゚д゚)

( ゚д゚)・・・通じた・・・・

やっぱり天才!!!!!!!(感動の嵐)

感動しすぎて身体中の細胞が溶け出そうな感覚(笑)になっていたら、また顔の前にブインッ!(急に止まった音)と違う白いハチさんが登場。
ブログ初登場のコスアンナ(Costa's X Anna's Hybrid)のメスです!!!
既に3年前からコスアンナのオスは2羽いますがメスまでは全く期待しておらず(考えた事もなかった)一ヶ月前に現れた時は超吃驚し一人で大騒ぎしました(笑)最初は警戒していたのですが、最近ではおばさん大好き隊のメンバーになりその中でも一番おばさんラブで(笑)久しぶりに私がパティオに出たら超興奮しちゃって、周りに留っているオス達全員に暴行・・・(苦笑)写真が暴行し終わりやっと落ち着いたコスアンナちゃんです。
毎回、私がパティオに現れると必ず目の前に来て10秒ほどホバーリングをし、その後男子達に暴行・・・(苦笑)
今、コスアンナはオスも換羽期なのでボロボロですけどね。ニッコリと笑っています(^-^)

female Costa's X Anna's  Hybrid Hummingbird 080714

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

半沢直樹と蜂沢鳥樹の違う所 

半沢直樹は、

「やられたら やり返す 倍返しだ!」


蜂沢鳥樹の場合、

「やられてないけど やっつける 100倍攻撃だ!!」

こちらが蜂沢さんのポージング・・・
アランの若くんですが、可愛い姿にキュンキュンしませんか?でもね・・・
上記が現状です.....

immature male Allen's Hummingbird 020714
うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ハチドリのイエローヘッド君 

幼鳥の地味男くんを撮らないでいたら頭に黄色いお粉をはたいて戻ってきた。若いのにどうやったら撮ってもらえるのか心得ているようだ。このお粉、一度付けるとしばらく取れないので名前はイエローヘッド君にしよう。

immature male Anna's Hummingbird 010714


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

うちハチ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。